新電力について

新電力についての解説です

新電力とは

新電力とは、2017 年に電力自由化が始まり、請求業務のみを実施する電力会社のことを言います。

つまり、発電所や発電所からの送電、トラブル対応などは、従来の地域電力会社が行います。

請求業務の中で、主にはスマートメーターを利用して、電波で検針を行うことにより、従来の検針員が訪問するコストを削減し、今までよりも安い電力供給を可能にしました。

また、今まで検針員をしていた人は、他の業務を担当するなど保護されているため、新電力に切り替えることにより、不利益を被るところはない仕組みになっています。

なぜなら、新電力の会社は、電力を従来の電力会社から大量購入することでコストを抑えているので、従来の電力会社から見れば、実質的な供給先が減るということがないからです。