プロパンガスの切り替えについて

プロパンガスの切り替えについてご説明致します

プロパンガスとは

プロパンガスとは、LP ガスとも呼ばれ、ボンベを利用する家や店舗、施設に設置して利用するタイプのガスになります。

一般的にまだまだプロパンガス会社の切り替えは盛んではありませんが、実は切り替えが可能なをの知らないだけで、プロパンガスは自由に切り替えが可能です。

都市ガスと異なり、プロパンガスには価格の規制がないので、ガスを販売している業者が好きな価格を決めて販売しており、地域や業者によって価格は異なるほか、同じガス会社でも、供給先の事情を鑑みて、高く設定したり、安く設定したりと、一見すると不適切な経営が行われているのが実態です。

消費者は、自らの身を守るためにも、適切なプロパン会社を選択することが肝要です。詳しくは、以下の特設サイトをご覧ください。

プロパンガスの切り替え特設サイト

プロパンガス切り替え時のご注意点

プロパンガスを切り替える際に、電気や都市ガスと異なる点として、元々のプロパンガス会社に、「引き留め」の余地があることです。

電気や都市ガスは、切り替えの申込書を書いたのちに、前の電力会社や都市ガス会社は、その変更の申し出の旨を受け入れなければなりません。

しかし、プロパンガスのみ、切り替え通知書を元々のプロパンガス会社に通知すると、元々のプロパンガス会社は切り替えられたら困るので、値段を下げるので、そのまま使ってくださいと言ってきます。

そもそも、料金を下げられたはずなのに、他よりも高く請求する詐欺まがいのことをしておいて、何を今更とお考えになる方と、今までのお付き合いがあるからと、引き留めに応じてしまう方がいます。

往々にして、このようなプロパンガス会社は、保安といって安全業務も怠ってしまっていることが多く、切り替えのご提示をさせていただいた会社においては、切り替え後に値上げするようなことはなく、一般社団法人プロパンガス料金適正化協会 の保証付きで、常に適切な価格で提供がされ、保安という安全業務もしっかりとしています。

切り替えに応じず、引き留めにあった場合、最初は低い価格ですが、いずれまた元の値段に戻ってしまうことが多く散見されます。

このようにプロパンガスのみ切り替え時に色々とあるのですが、毅然とした態度で切り替えを実施しましょう。